五反田で口コミ、評判のいい全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

タトゥー刺青があっても安全に脱毛するには?

    

刺青やタトゥーがあっても安全に脱毛する

 

 

最近はファッション感覚で実に幅広い層の人たちがタトゥーを楽しんでいます。
オシャレに、可愛く、綺麗になどタトゥーはビジュアルを楽しむものなので、そうした人たちはより綺麗な肌を求める場合が多いです。
脱毛によってより綺麗な肌を手に入れて、自信をもってタトゥーファッションを楽しみたいですよね。
しかし、脱毛方法によっては、タトゥーがある箇所に施術ができないので、注意してください。
今回はタトゥーがあっても安全に脱毛の施術が受けられる方法をご紹介します。

 

脱毛施術を断られる理由

脱毛サロンやクリニックで多く行われている脱毛というのは、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛という方法です。
この2つは、言い方や出力の強さの違いはありますが、原理はどちらも同じです。
これらの脱毛方法は、光線が肌よりも色素の濃いムダ毛部分に反応して作用する仕組みとなっています。
もし、ホクロやシミ、あざのようにムダ毛以外に肌よりも色が濃い部分があれば反応してしまいます。
ですから、肌にタトゥーがある場合は、肌より色が濃いので光線がタトゥーをメラニン色素やムダ毛だと判断して作用してしまうのです。
ムダ毛ではない箇所にレーザーやフラッシュが反応してしまうと、肌がヤケドしてしまったり、タトゥーの色が薄くなってしまったり、色素沈着をおこしたりと、トラブルが起こる可能性があるのです。
そのため、脱毛サロンやクリニックなどでは、タトゥーやホクロ、シミ、アザなど肌より色の濃い箇所に対しては脱毛を行っていない場合が多いです。
中にはタトゥー部分から少し離して光線を照射するため施術が可能としているサロンもあり、その判断がサロンにより異なるので、事前に問い合わせて確認しましょう。
タトゥーをこれから入れようと考えている人は、先に脱毛を完了してからタトゥーをすることをおすすめします。

脱毛の施術が受けられる?

肌にタトゥーがある場合、必ずしも脱毛の施術が受けられないわけではないので安心してください。
確かに、色素に反応して処理するレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、タトゥーを入れている場合には施術は不可能ですが、それ以外の脱毛方法であればタトゥーが入っていても施術は可能なのです。
オススメなのは、ニードル脱毛です。

ニードル脱毛は、針脱毛とも呼ばれていて、毛穴に直接針をさし電流を流し、その電力で毛乳頭を壊滅させるという脱毛方法です。
この脱毛方法は高度な技術が必要なので、施術できる医療クリニックや有資格のエステティシャンが在籍するサロンに限定されています。
そのため、ニードル脱毛は、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛に比べるとお値段が高くなります。
個人差はありますが、ニードル脱毛の方が痛みを強く感じる人が多いようです。
そして1回の処理時間が長くかかる割には施術可能な範囲が狭いので、脱毛完了までにかなりの期間を必要とします。
ゆっくりと安全に時間をかけての脱毛を希望する場合にはおすすめです。

いかがでしたか?
これからタトゥーを入れる予定の人は、費用や施術期間の面でも先に脱毛処理を済ませてからタトゥーを入れることをおすすめします。
もう既にタトゥーをされている方の中には、脱毛サロンやクリニックに問い合わせたが断られてしまった場合もあるかもしれません。
でもニードル脱毛であれば脱毛が可能なので安心してくださいね。
しかしこの施術は高度な技術が必要なので、HPの口コミなどを参考にじっくりと選んでください。
そして必ずカウンセリングを受けて、気になることは全部質問して納得の上契約しましょう。
五反田エリアには、口コミで評価の高い脱毛サロンやクリニックが多くあります。
予約も比較的取りやすいので、ぜひ検討してみてください。

 

 

ランキングはこちら