五反田で口コミ、評判のいい全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

妊娠中に脱毛しても大丈夫なのか

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/24
    

妊婦さんは、ホルモンの影響もあり、体調が整いにくくなり、お肌の状態にも影響が出てくるため、サロンでの脱毛はおすすめできません。サロンでも妊婦さんの施術を断られるケースが多く、サロンに通い続けている方は、スタッフに相談をして、休会制度を利用することにより、しばらく休むことができますし、落ち着いたときに再開できます。

女性の身体の変化とムダ毛処理に注目する

妊娠中の女性の身体の変化を考えると、サロンでの脱毛はおすすめすることができず、元気な赤ちゃんをお腹の中で育てていくことを中心に考える必要があります。女性の身体の変化で、ホルモンの影響でお肌の状態が整いにくくなる場合があり、肌荒れに悩まされる方もいるため、脱毛は難しいです。

また、つわりなど、妊娠によってしっかりと休むことも大切な時期ですし、施術を受ける場合、長時間同じ姿勢で血行が悪くなる恐れもあります。サロン側にとっても、お腹が大きくなると、施術が難しくなり、トラブル防止のために施術を断るのが一般的です。

お腹が大きくなるごとに、重要なところを守るためにも毛が濃くなってくる場合があり、そもそも脱毛効果を実感しにくくなります。どうしても気になるところは、カミソリで自己処理をおこない、身体に負担がかからないように考えていくことも大切なポイントです。

肌荒れなどのトラブルを最小限に抑えるために、カミソリを使った自己処理は、クリームをぬって、カミソリ負けのヒリヒリ感を抑えられるようにすることも重要になります。アンダーヘアは、刺激が強すぎると子宮の収縮に影響する恐れもあるため、カミソリを使った自己処理は避けることをおすすめします。

妊婦さんのためのサロンの対策に注目する

サロンは、継続して通い続けて、脱毛の効果をだんだんと実感できるケースが多いため、数か月など、しばらく通い続ける方もたくさんいます。しばらくサロンに通い続ける中で、妊娠していることが分かった場合、サロンのスタッフに相談をすることで、柔軟に対応してくれるところもあります。

例えば、サロンが妊婦さんのためにおこなっている対策として、休会制度を用意してくれるところもあり、落ち着くまで身体をしっかりと休ませることができます。サロンによって、休会制度の期間は異なっているため、事前に確認をすることも重要であり、休会期間が無制限のところもあります。

サロン側も、お客様の身体を第一に考えて、再開条件を用意するところもあり、出産後、身体が落ち着いてから、安心して施術を再開できるようにすることも大切です。

体調を崩さないようにすることは1番重要

お腹の中に赤ちゃんがいる時期は、体調を崩さないようにすることが1番重要なことなので、サロンの休会制度を利用するなどして、身体のことを第一に考えた生活が必要になります。

妊娠初期は、つわりがあるケースが多いため、ちょっとしたにおいの変化だけでも、気になってしまう方も多く、施術で感じる薬品のにおいなども注意です。お肌の状態もデリケートなので、脱毛によって肌に負担をかけてしまうことのないように、この時期は、サロンに行くのを避けることも重要です。

マシンを使って、施術を進める場合も、痛みに敏感になっている状態は痛みを感じやすく、施術がつらいと感じてしまうこともあります。

 

妊婦さんは、脱毛サロンに通っている場合でも、妊娠が分かったときにすぐにスタッフに相談をすることで、休会制度を利用することが可能です。ホルモンの影響もあり、体調が整わない状態での施術は、肌荒れや施術中の痛みを感じやすくなるなど、注意する必要があります。

サロンで施術自体を断られるケースは多いため、妊娠中は身体のことを第一に考えて、生活することが求められます。どうしてもムダ毛が気になる方は、肌に負担をかけないように、注意しながら、カミソリを使った自己処理の方法があります。