五反田で口コミ、評判のいい全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

予防すれば安心!脱毛後の毛嚢炎対策でツルスベ肌

    

脱毛後の毛嚢炎対策

「毛嚢炎」と聞いてすぐにピンときますか?脱毛経験があれば知っている人も多いかもしれませんが、脱毛を経験したことがない人にはあまり知られていないかもしれません。
この毛嚢炎、光線を使用した脱毛をする人であれば、どなたでもなりうる可能性があります。
これから脱毛サロンを利用したいとお考えの人はぜひ知っておいて欲しいです。
正しい知識があればいざなってしまった時にも慌てることもなく的確に対応できます。
間違った知識や自己判断で対応すると、かえって悪化させてしまったり肌に傷跡が残ってしまったりすることがあるので注意が必要です。

 

毛嚢炎とは細菌感染症

毛嚢炎とは、細菌感染症の一種で、毛根細胞の部分に細菌が入り込むことによって出来てしまう白ニキビのような吹き出物のことです。

脱毛のためにレーザーや光などの光線を使用すると毛根細胞を破壊する時に、お肌のバリア機能も一緒に破壊してしまいます。
そうなると、細菌から自分の肌を守れなくなり、細菌によって毛穴で炎症を起こしてしまうのです。
毛嚢炎は、ブドウ球菌が原因で発生することが多く、根本的な治療法はニキビとほぼ同じになります。

毛嚢炎ができやすい場所は、皮脂が多い顔まわりや、雑菌の多い脇・VIOなど毛が濃く太い部分になります。
顔周辺は、もともとニキビができやすい場所なので、毛嚢炎のトラブルに悩まされている人はとても多いのです。

毛嚢炎を防ぐ方法

脱毛は光線を毛根に照射し、熱で毛根細胞を破壊する事で効果を得る施術です。
その時の熱がお肌のバリア機能を弱め毛嚢炎になります。
脱毛する限り誰にでも起こりうるものなので、ぜひ正しい知識を持っていてください。

① 丁寧な洗顔・保湿と清潔を保つ
丁寧に洗顔し、しっかりと保湿をしてください。
照射後しばらくはお肌が敏感なので、清潔を保つことを心がけ、またタオルなどで拭くときは優しく抑える程度にします。
清潔を気にするあまり、つい力が入ってしまいがちですが、やり過ぎには注意しましょう。

② アルコール・運動の禁止
照射当日は肌がとてもデリケートになっているので、アルコールの飲酒や激しい運動は避け予防に努めましょう

③ 軟膏や内服薬など
医療クリニックで脱毛をしている人は、軟膏や内服薬の処方がでる場合があります。
医師の指示通り正確に使用する事で、毛嚢炎になる可能性がかなり減ります。

予防していたにも関わらず毛嚢炎が出来てしまった時は、やはり病院で診察を受けることをおすすめします。
自己判断で対応し悪化させてしまうと、治りが悪くなるだけでなく、傷跡が残ってしまう場合もあるからです。
医師の正しい診断によって、治りも良くなりますし、無駄に肌を傷つけることもなくなります。
それ以外に自分で出来る事としては、やはり肌を清潔に保ち、弱っている肌への負担を極力減らし、回復力を高めて上げることです。
患部に直接触れるタオルや寝具などはいつも以上に清潔な物を使用するように心掛けてください。

医療レーザー脱毛やエステサロンでの脱毛、家庭用電気脱毛器など光線を使用した脱毛は全て、誰しもが毛嚢炎になる可能性があることを知っておいてください。
今回は毛嚢炎についてご紹介しましたが、他にも様々なリスクがあります。
きちんと対応をすれば、どのリスクも過剰に心配することはありませんが、施術前に予めリスクについて知っておくことが重要です。
それらのリスクを、カウンセリング時に丁寧に説明をしてくれて、また実際になってしまった時にも適切な対応をしてくれるのが本当に安心できる脱毛サロンやクリニックです。
夏直前の時期は予約が取りにくいのですが、五反田はサロンの数も多く穴場スポットなのでおすすめです。
安心して施術を受け、脱毛効果にも満足し、綺麗なツルスベ肌を手に入れてください。

 

 

ランキングはこちら