五反田で口コミ、評判のいい全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

脱毛後に肌が荒れる原因と対策

    

脱毛後に肌が荒れる原因と対策

 

品川区内にあるエリアの中でも活気あふれるビジネス街である五反田には、一歩足を踏み入れていると閑静な住宅街も広がるエリアです。
だからといって周辺の渋谷や池袋並みのにぎやかすぎる人口密度ではなく、窮屈過ぎないエリアだけに脱毛サロン通いも気楽にできます。

 

 

脱毛後に起きやすい乾燥には徹底した保湿のスキンケア

丁寧な施術で対応をしてくれる五反田の脱毛サロンですが、脱毛後に肌が荒れる可能性がゼロとは言えません。
脱毛サロン後になんとなく皮膚にかゆみを感じる理由の一つは乾燥であり、エステマシンといっても脱毛のためにある程度の強い光を照射するので、皮膚の水分が失われがちです。
毛穴奥の毛根へ向けて光を放つことで軽い炎症を起こすのが脱毛後の皮膚であり、軽いやけど状態ですから乾燥をしてかゆみが出てしまいます。
やけどといっても重度ではなく軽いもの、でも乾いたままではかゆみが出てさらに放置すると、肌トラブルは悪化するばかりです。

〇対策
乾燥は脱毛後の肌には誰にでも起きる症状ですが、対策としては徹底して肌の保湿をすること、全身の保湿ケアをすることきます。
脱毛サロンでも施術後のトリートメントをしてくれますが、それだけでは足りませんので、毎日化粧水や乳液をつければ乾燥は治まりますし、肌は潤いあふれる肌荒れしらずな肌に変身です。

 

入浴やサウナはお休みしてシャワーに

キレイになりたくて脱毛サロンへ行ったのに、脱毛後に肌が荒れる原因になるのはお風呂であり、脱毛を受けた日に浴槽に浸かるのはタブーです。
家のお風呂に入るだけではなく、脱毛サロン帰りに温泉へ行くのも、サウナに行くのも控えるべきであり、お湯に浸かると体温を上げてしまいます
脱毛をしたら炎症を勃発しているのですから、湯船に入って体を温めたら余計に血行が良くなって、体内の炎症はヒートアップするばかりです。
炎症はイコールでやけどなので、肌にかゆみや赤みが出てきて肌荒れが起こるのは仕方のないことです。
さらにお湯には目に見えないだけで雑菌がうじゃうじゃいる状態であり、脱毛で皮膚が弱くなっているのに雑菌だらけのお湯に入るのは危険でしかありません。
サウナはお湯には浸かりませんが、芯から体温を上げてしまうので、入浴同様控えるべき行為です。

〇対策
脱毛を受けた日の夜は浴槽には浸からないこと、サウナも温泉も別日にします。
夜は緩めのシャワーで汚れを落として、スキンケアに時間を費やすことです。

 

紫外線やアルコールに締め付けも原因に

エステティシャンたちによる丁寧な施術がある脱毛サロンですが、脱毛後は熱がこもっていて敏感な肌ですから、些細な刺激や熱などで肌荒れを起こすことがあります。

〇日焼け対策と衣類の徹底
脱毛をしたら帰りには日焼け止めを塗ること、そのまま日差しの下に出てしまうといつもより日に焼けますし、皮膚への紫外線の悪影響はいつもの倍です。
毛穴奥にまで届くほどの鋭い紫外線は、皮膚内部のうるおい成分を破壊してしまうので、肌を乾燥させやすくします。
日焼け止めクリームを塗るのと共に、締め付けの強い衣類を脱毛後に着用をすると、摩擦で肌荒れが起きやすいですから衣類にも注意です。
脱毛を受ける日はできるだけピタピタのジーンズやトップスではなく、ゆとりある衣類を身につけるようにします。
締め付けや摩擦はエステ脱毛後の皮膚に刺激になるので、ショーツなどもきつすぎるものはNGです。

〇脱毛前後はお酒は禁止
夜の飲酒に関しても肌荒れを招く要因となるので、脱毛を受けた日の夜は少量でもお酒は飲まないようにします。
五反田は昔ながらの繁華街で長く栄えているイメージが強く、それは正しいことではありますが少し先へ行くと、大学があったり緑豊かな場所があったりと、居心地の良い面も持ち合わせるエリアです。
オフィス街である五反田で働く女性も多いため、駅周辺にはいくつもの脱毛サロンがありますし、夜遅くまで営業のサロンもあります。