五反田で口コミ、評判のいい全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

痛い?恥ずかしい?iライン脱毛の人に聞けない話

    

Ilineの悩み

最近人気の高いVIOラインの脱毛ですが、他の部位と違ってやはり抵抗を感じて迷う人も多いようです。

施術は痛くないのかしら?恥ずかしい格好で照射するのかしら?などと考え始めると、どんどん不安になってしまうと思います。

そこで人には聞けないiライン脱毛の気になることを、実際の経験者の体験談から探ってみました。

 

 

・iライン脱毛はどのくらい痛いの?

VIOラインの脱毛は他の部分と比べて特に痛い、という話を聞いたことがあるかもしれませんね。

進んで人に見せたい部分ではないですし、あまり気が進まないけれど必要なのかな?と躊躇する気持ちはとても良くわかります。

でも最近では生理のときの不快感を軽減できたり、清潔を保ちやすくなったりというメリットが大きいので、思い切ってVIOラインを脱毛する人が増えています。

ただ、確かに痛みは強い場所です。

脱毛のレーザー照射は、肉が薄い(骨に近い)部分や、肌が弱い部分が特に痛みが強いといいますので、デリケートゾーンはまさに最高に痛い部分と言えます。

その中でもiラインは粘膜部分に近く最もデリケートな場所なので、VIOラインの中でもさらに群を抜いて痛い場所と言われています。

レーザーではあまりの痛さで続けることができず、途中で断念する人も少なくないというほどです。

・iライン脱毛の痛み、どうしたらいい?

iライン脱毛は毛が太く多いので、レーザーの反応が良く炎症が起きやすい部分でもあるらしいです。

また形状も複雑で痛みで力んでしまうので、打ち漏れが起こりやすいというリスクもあるということです。

でもそうは言っても、それだけ痛いのにリラックスはできないし、力は絶対に入ってしまいますよね。

ただし、iラインは毛質がしっかりとしているので、それだけ脱毛効果は高いのが救いです。

頑張って痛みを我慢できれば、その後はとってもラクな毎日が待っているので、ぜひ断念せずに乗り切りたいですね。

特に痛みに弱いので自信がないという人は、サロンで出力を弱くして照射してもらうと、効果はそれだけ低くなりますが痛みは軽減されます。

サロンでは「ゴムで弾かれるような痛さ」と例える人が多いように、まだ我慢できる程度の痛みと考えられます。

また冷やしながら照射すると痛みが少しラクになりますので、そうした対応をしてもらえるかどうか、最初に確認しても良いでしょう。

クリニックでのiライン脱毛は、医療スタッフなので安心感が違いますが、痛みはサロンに比べると段違いで痛いようです。

冷やしながらの照射をしてもらえますが、どうしても我慢できない場合は麻酔を使うこともできます。

痛くても少ない回数で確実に脱毛したいという人は、クリニックで一気にガツンと施術してもらうという方法が向いているかもしれませんね。

・iライン脱毛は恥ずかしい?

iラインは普段人に見せることがない部分なので、恥ずかしいという気持ちが強くて当然です。

でも実際に施術をする人はプロですし、数え切れないくらいの人たちの脱毛をしていますので、心配しすぎることはありません。

iライン脱毛を五反田でしようと計画しているなら、VIOラインの脱毛が得意で慣れているところを中心に探してみるといいでしょう。

施術を受ける人が恥ずかしさを感じなくてすむように、淡々と事務的に処理を進めてくれますよ。

またタオルなどを巻いてレーザーを当てる部分だけをめくって照射してくれるのが普通なので、下半身が全部見えるような姿で脚を立てて、というような想像はしなくても大丈夫です。

経験者によると恥ずかしいのは最初の1回だけで、次からはあまり気にならなくなるという人がほとんどです。

それにとにかく痛くて悶絶するほどなので、恥ずかしいなんて感じている状況ではないとも言います。

痛みに強い人も、弱い人も、自分なりの工夫で乗り切って下さいね。

 

ランキングはこちら