五反田で口コミ、評判のいい全身脱毛サロンをお探しの方、必見!

脱毛前や後の飲酒は大丈夫?

    

脱毛前や後の飲酒は大丈夫?

 

女性たちも活躍するビジネスの街五反田には美容施設がいくつもありますし、仕事帰り立ち寄れる脱毛サロンも、駅周辺にいくつも探すことができます。
駅周辺はビルの立ち並ぶ街ですが、もう少し歩けば閑静な住宅街が広がる、もともと高級住宅街としても知られるエリアです。

 

 

 

脱毛サロンのお手入れ前後はお酒は飲まない

五反田にある脱毛サロンで脱毛を受けるときには、脱毛前や後の飲酒はお休みをする必要があります。
お酒を飲むことでアルコールが体内に入りこみ、身体は次第にポカポカと温かくなりますが、脱毛前後に体温を上げるのはタブーです。
身体が芯から温まるようになれば、全身の血液の巡りは良くなりますから、光照射を行った部位の皮膚がトラブルを起こしやすくなります。
エステ脱毛はレーザーではなく光なので優しい印象がありますが、毛への強いアクションがあるので、毛穴周辺の皮膚にもその影響が加わりますし、皮膚はとても弱い状態です。
脱毛サロンの予約がある前の日に軽い気持ちでお酒を飲んだり、脱毛を受けた後に飲酒をしたりすることで、考えもしなかった肌トラブルが招かれやすくなります。
いつものように光照射を受けたらかゆみが出やすくなったり、皮膚に湿疹が生じるなど肌には問題が起きやすいです。
身体を温める行為は健康のためには良いとされていますが、飲酒での体温上昇は一時的なもの、脱毛前後の飲酒は肌トラブルを起こすので控えます。

 

水分を奪うことで脱毛効果を大幅に下げることも

脱毛サロンで脱毛をしたときにスタッフから、当日はお酒は飲まないように指導がありますが、軽く聞き流さずに守るべき行為の一つです。
光の照射は皮膚内部へ熱をこもるやり方でもあるので、脱毛をした後肌は炎症を激しく起こしているような状態であり、飲酒をしたら炎症はさらに激しくなります。
アルコールが入ることで体温が一気に上がっていきますが、熱がこもるということは体内の水分が蒸発をするということ、水分の失われた肌は乾燥をするばかりです。
脱毛後の飲酒は肌荒れなどのトラブルを起こすだけではなく、水分を大幅に奪うことになるので、せっかく脱毛サロンへ時ヘアサイクルに合わせて通うのに、脱毛効果を落としてしまいます。
肌内部に十分な水分量が満たされていれば、皮膚のターンオーバーも順調になり、ヘアサイクルも同じく順調に巡りますが、乾いた肌は毛周期さえも乱す元です。
硬く乾いた皮膚は柔軟性が失われてしまい、光脱毛をしても毛乳頭にまで光が届きにくく、結果的に脱毛効果を下げてしまいます。

 

エステ脱毛前の飲酒は具合が悪くなることも

脱毛サロンで脱毛を受けた日は飲酒はしないのがルールですが、脱毛予約前日も飲酒をしないようにします。
お酒を飲んで数時間で酔いは冷めるものの、体内へ入ったアルコールは簡単に抜けてはくれません。
前日に飲酒をして翌日脱毛サロンへ脱毛へ行ったものの、光脱毛を受けている最中に残ったアルコールの影響で、だんだん具合が悪くなることもあります。
エステでは光を肌に次々に照射をしていく施術なので、皮膚表面と毛穴奥にダメージが加わりますし、熱もこもって刺激となるため、そこにアルコールが加われば、気分が悪くなっても無理はありません。
脱毛前にお酒を飲んでしまうことですでに体温はいつもより上がっているので、そのまま脱毛を受けるうちに熱がさらに加わり、あらゆる皮膚のトタブルを勃発しやすいです。
当日のエステ前に飲むのも良くないですが、前日であってもアルコールは体内に残るので、前日だからと油断はしないで脱毛前のお酒は控えなければなりません。
サラリーマンたちが多く集う五反田は女性にとっても利用にしやすい街であり、オフィスビルだけではなく、リラクゼーションサロンや脱毛サロンも充実をしています。
ビジネスマンたちが多いだけに飲食店も数多くありますし、男性だけではなく女性が入りやすいカフェなども充実をしている場所です。